おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
げんきなマドレーヌ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

げんきなマドレーヌ

  • 絵本
作・絵: ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳: 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1972年11月
ISBN: 9784834003628

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるシリーズ

おはなし

パリの寄宿舎に先生と12人の女の子が暮らしていました。
そのなかでいちばんのおちびさんで、ものおじしない子がマドレーヌ。
ある晩、マドレーヌは盲腸炎にかかり、痛くて大声で泣きます。救急車で病院に運ばれて手術をし、入院してしまいます。

先生のミス・クラベルと11人の女の子達は、手に花を持ってマドレーヌのお見舞いに行きます。
病室はお見舞いの品がいっぱいで楽しそう。おなかの手術のキズをみんなに見せるマドレーヌはなんだか誇らしげ・・・

その真夜中、ミス・クラベルがみんなの部屋に行ってみると・・・
「わーわー、もうちょうをきって、ちょうだいよー」とみんなが大声で泣いていました。

げんきなマドレーヌげんきなマドレーヌ

みどころ

なんともいえずかわいい絵本です。
おはなしのテンポがよく、日本語訳のいいまわしも味があります。
「2れつになって、パンをたべ、2れつになって、はをみがき、2れつになって、やすみました」「いいことみれば、にこにこがお、わるいことには、しかめっつら・・・」声を出して読んでいるととてもいい気分です。
挿絵の方は、黄色と黒の二色刷りの合間にカラーページが現れ、エッフェル塔、コンコルド広場、オペラ座、バンドーム広場、ノートルダム寺院・・・といったパリの有名な建物や場所が美しく描かれています。
「マドレーヌ」という名は、作者ベーメルマンスの奥様の名前からとったそうです。
マドレーヌシリーズはテレビアニメにもなっていますよ。

出版社からの紹介

パリの寄宿学校に住む12人の女の子たちの中でマドレーヌは一番の元気者。でもある晩、そのマドレーヌが泣きわめきはじめたのです。女の子たちを生き生きと描いた魅力ある絵本です。

この人もおすすめしています

【金柿パパ】
パパ向きの本じゃないけど、女の子には特におすすの作品。
「どうして?」を繰り返して知識を吸収している我が娘だが、この作品の内容は特別興味深いようだ。なんせ「パリの」「寄宿舎に」「12人の女の子達が住んでいる」設定で、「ケガをした軍人」や「泥棒」が出てくる。さらに主人公のマドレーヌは「盲腸」になって「救急車で病院に運ばれ」「入院」し、「盲腸の手術痕を友達に自慢」し、「他の11人の女の子達が盲腸になりたがる」という、2歳児にはわからないことだらけの内容である。それでも繰り返し持ってきては読んでいるのは、それだけ魅力があるということ。

「にれつになって、ぱんをたべ、にれつになって、はをみがき、にれつになってやすみました。」とリズム良く暗唱している。そして、パパとママのパリ旅行の写真と挿絵とを見比べて、「おんなじだねー」とうらやましそうな顔をするのだ。「いつか連れてってあげるからね」というパパの約束を、彼女は決して忘れないだろう。

ベストレビュー

すみずみまでがみずみずしい

子供にとってはかなりの大きさをもつ、濃いグリーンの絵本。小さいころから大好きで、忘れられない一冊です。
大きな本の大きな1ページが、「ふっても、」「てっても」と贅沢にたったひとことのために費やされる新鮮さに、おとなになったいまでも心が躍ります。
「せんせいのミス・クラベルは、なにごとにもおどろかないひとでした。」うん、そうだろうな。と思わされる、橋の欄干の上のマドレーヌの元気な姿に動じるふうもない先生のりんとした後姿!子供たちを信頼し、子供たちからも信頼され、そしてそれがつくりごとでないことが、「つくりばなし」の中なのに、現実以上に現実的です。こんな先生がいらっしゃったら、子供たちはきっと幸せですよね。
マドレーヌが主役のはずなのに、実はこの本ではそんなにマドレーヌのセリフはないんですよね。どちらかといえば描写が多いのに、なのにつまらなくない。説明的でもない。
きっと、その描写が「子供の視点」で書かれているからだと思います。だって大人なら、天井のしみをウサギと思うでしょうか?思ったとして、それをわざわざ本筋と関係ないのに1ページ割いて書こうと思うでしょうか?
子供の気持ちで書かれた、子供の目線の本であること、それがマドレーヌシリーズの人気のいちばんの秘密じゃないかなって思います。
(サラミさん 20代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

ルドウィッヒ・ベーメルマンスさんのその他の作品

きかんしゃキト号 / バティストさんとハンガーブルグ=ハンガーブルグ伯爵のおはなし / ゴールデン・バスケット ホテル / ベーメルマンス マドレーヌの作者の絵と生涯 / よくぞごぶじで / マリーナ

瀬田 貞二さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし / こどものとも 日本の昔話 うしかた と やまうば / 英日CD付 英語絵本 おやすみなさいおつきさま GOODNIGHT MOON / お父さんのラッパばなし / 児童文学論 上下巻



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

げんきなマドレーヌ

みんなの声(102人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット