なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
【予約受付中】待ってました!ガーゼハンカチシリーズに「おおきなかぶ」他が新登場♪
日本の風景 松
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

日本の風景 松

作: ゆのきようこ
絵: 阿部伸二
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784652040355

出版社からの紹介

日本の土地に根をはやしている身近な木を絵本にするシリーズ第2弾

ベストレビュー

松って、最初は人口に植えてたんですね。

先日、同じシリーズの「杉」を読みまして、とっても興味深い内容で楽しかったので、同じシリーズのこの作品を図書館で探してきました。

海辺で「松」を見るのは当たり前だったので、勝手に生えているものだとばかり思っていましたが、
この本を見るがきり「松」は人の手で海辺に植林されていたんですね〜。ビックリです。
おまけに海の塩か絵にあおられるため、海辺の松の枝の伸び方には不思議な特徴があることも知りました。
そして、末からとれる松脂が、実は人の生活のいろいろな品物の材料になっていて、またまたビックリしました。
マッチとか石鹸はなんとなく知っていましたが、接着剤とかシャボン玉口紅にも!松脂は使われていたんですね〜。

これは小学校の高学年くらいから大人まで楽しめる絵本だと思います。
機会があったらぜひ!学校の読み聞かせで紹介したいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ゆのきようこさんのその他の作品

木と日本人(2) 樹皮と枝・つる / 木と日本人(1) 材木一丸太と板 / 春の主役 桜 / 日本の材木 杉 / 山のごちそう どんぐりの木

阿部伸二さんのその他の作品

旧暦で行事をたのしむ お月さまのこよみ絵本



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

日本の風景 松

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット