庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
悪魔のりんご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

悪魔のりんご

  • 絵本
作: 舟崎 克彦
絵: 宇野 亜喜良
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784097260011

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

悪魔と優しい女の子の心のお話。

悪魔のおじさんを、いい人と勘違いしてしまう女の子。女の子は、悪魔が置いていった毒入りリンゴを、おじさんのためにとっておこうと考えます。そんな女の子の優しさにふれて、悪魔が悪魔ではなくなってしまうお話。

ベストレビュー

やさしい悪魔と、純粋な少女のお話し

タイトルといい、絵といい、不思議な絵本です。
老いて魔法の使えなくなった、腹ぺこの悪魔が出会ったジプシーの少女に感じたのは食欲と少女への思いやり。
自分自身で葛藤して、少女の選択に委ねます。
毒りんごになって、少女が食べれば死んだ少女を食べるとしよう。
しかし、少女はおいしそうなりんごを目にしながら空腹をがまんして悪魔が帰ってくるのを待ちます。
その心にうたれた悪魔の涙。
少女は母親と再会し、しあわせな日々。
悪魔はりんごの木になったけれど後悔はしていないのでしょう。
少女が育ち、結婚して、子どもが生まれる。
歳月が過ぎても少女は悪魔が戻ってくるのを待っているのです。
ホンの1日足らずの出会いが、少女にとっても、悪魔にとってもとても大きな時間となりました。

少女は悪魔を命の恩人と思っているのでしょうか?
それほど長い間、悪魔を思う心が続くのでしょうか?
考えれば不思議な話です。
そして、不思議なくらい心温まってくるお話です。

宇野亜喜良さんの、少し偽悪的で乾いた絵がマッチしています。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


舟崎 克彦さんのその他の作品

Qはせかいいち / 児雷也太郎の魔界遍歴 / ポプラ世界名作童話(9) ドリトル先生物語 / まるかいてピョン / クレヨンマジック / ここにいる

宇野 亜喜良さんのその他の作品

恋人たち / あのこ / 子どもの本の海で泳いで / おおきなひとみ / ぼんぼん / 優しさごっこ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

悪魔のりんご

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット