もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
くまのアーネスト セレスティーヌの おいたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くまのアーネスト セレスティーヌの おいたち

  • 絵本
作・絵: ガブリエル・バンサン
訳: もり ひさし
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「くまのアーネスト セレスティーヌの おいたち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784892385407

21×24cm 35ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「わたし……アーネストにききたいことがあるの」セレスティーヌがためらいながら切り出しました。「わたしはどんなふうに生まれてきたの?」とうとう真実を話すときがきた、アーネストはそう覚悟を決めて……。捨て子という悲しいおいたちではあるけれど、アーネストの深い愛情に包まれて育ったことを知るセレスティーヌ。ふたりの幸せな関係が永遠に続くことを予感させる、シリーズ最終作です。

ベストレビュー

今までの謎が

熊のアーネストとネズミのセレスティーヌ。
親子でもなく、ましてや恋人ではない二人の関係が、不思議でなりませんでした。
その謎が、一気にとけた一冊でした。
でも、「謎がとけてスッキリ」とはなりませんでした。
セレスティーヌの生い立ちが、あまりに辛い始まりだったので・・・
今の穏やかな暮らしが、いつまでも続くことを願います。
(なしなしなしさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ガブリエル・バンサンさんのその他の作品

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ / くまのアーネストおじさん ラッタカ タン ブンタカ タン / くまのアーネストおじさん こわかったよ、アーネスト / 小天使ブリュッセルをゆく・・・ / くまのアーネストおじさん セレスティーヌのこや / ヴァイオリニスト

もり ひさしさんのその他の作品

はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版 / フリップフラップえほん はらぺこあおむし / はらぺこあおむし+ぬいぐるみギフトセット / ビッグブック パパ、お月さまとって! / てんじつき さわるえほん こぐまちゃんとどうぶつえん / ぞうはわすれないよ



2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

くまのアーネスト セレスティーヌの おいたち

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット