にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
おはようからおやすみまでの12のわらべうたえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはようからおやすみまでの12のわらべうたえほん

  • 絵本
絵: おおいじゅんこ
編: 小林 衛己子
出版社: ハッピーオウル社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

小さい子の生活リズムを作るのにピッタリのわらべうた。日常すぐに使える、小さな子の1日のリズムを作るのにピッタリ。朝起きてから夜眠るまで、毎日の生活の中ですぐに使える歌12曲を収録。
保育に絵本の読み聞かせとわらべうたあそびを取り入れて30年以上実践してきた小林衛己子さんの、わらべうたあそびの絵本です。

ベストレビュー

乳児から幼児まで楽しめるわらべ歌。

このわらべ歌絵本で紹介されているのは、小さなお子さんたちの一日の生活を遊びにしたようなものが多く、日常生活の中でとっても使いやすいと思いました。
他の絵本のタイトルにもなっている
「ととけっこう よがあけた〜」から始まり、子守唄で終わるのですが、このシリーズの別のわらべ歌絵本『12のねかせうたえほん』では紹介されていない新たな「子守歌」で、新鮮でした。
私が子どもの頃に聞いたうろ覚えのうさぎの歌は
「うさぎのおめめはなぜあかい、あ〜かい木の実をたべたから〜、たぁべたから〜」というのとは、また別の歌なのかな?歌詞のパーツが似ているので気になりました。

このわらべ歌絵本はシリーズの他の2冊と違って、もう少し大きくなった幼児(トイレトレーニングとかしている)時期くらいのお子さんたちと遊べるわらべ歌のようです。
お子さんたちと一緒に読んで、一緒に遊べるといいですね。
この絵本でもおおいじゅんこさんの各ページのイラストは素敵でした。
私は「きーりす ちょん」と「どんぶかっか すっかっか」のイラストが特に好きです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小林 衛己子さんのその他の作品

お母さんがすぐにうたえる12のねかせうたえほん / あかちゃんのごきげんがよくなる12のわらべうたえほん / 子どもとお母さんの手づくりおもちゃ絵本 / あかちゃんとお母さんのあそびうたえほん

おおいじゅんこさんのその他の作品

紙芝居 のりもの プップー / チャーシューママ / クッキーひめ / ちびころおにぎり でかころおにぎり おじいちゃんちへいく / みどりさんのパンやさん / ちびころおにぎり はじめてのおかいもの



楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

おはようからおやすみまでの12のわらべうたえほん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット