貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
クリスマスプレゼント何にしようかな…そんな方へ『絵本とおもちゃ』のセットをご紹介♪
ともだちほしいなおおかみくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ともだちほしいなおおかみくん

  • 絵本
作: さくら ともこ
絵: いもと ようこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1986年07月
ISBN: 9784265011087

3才 〜 小学校低学年向け
A4変型判・25.0×22.0cm・32頁

出版社からの紹介

ほんとうは、とってもさみしがりやでやさしいのに、
森のどうぶつたちは、おおかみくんをこわがって、あそんでくれません……。

ベストレビュー

考えさせられました

本当は優しいのにみんなに怖がられて友達が出来ないおおかみのお話です。まず表紙の絵を見てうちの子は「おおかみがうさぎを食べようとしている」といいました。「どうして」と聞くと「おおかみは怖いから」と答えました。昔からいろんなお話で狼は悪役なので無理もないなと思いました。読んであげると「やさしいおおかみもいるね。友達ができなくて泣いているところがかわいそう。」と言っていました。大人でも人を見かけで判断してしまいがちなので、気をつけないといけないと思いました。子どもにも、友達を見た目で好き嫌いしないで欲しいなと思います。優しい気持ちになれる絵本でした。



(にゃこっちょさん 30代・ママ 女の子12歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

さくら ともこさんのその他の作品

さあ!おかたづけ / おなまえいえるかな? / おふろだいすき! / みんなでやろう ジャックとまめのき / おひさまぱんころりん / ピーマンマンはげんきのみかた!

いもと ようこさんのその他の作品

いもとようこあいうえおかるた / がちょうのたんじょうび / しあわせ / くろっぺの おはなばたけ / どんぐりと山猫 / たんぽぽのおかあさん



木村カエラはじめての絵本出版記念連載

ともだちほしいなおおかみくん

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.46

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット