くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
金の輪
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

金の輪

作: 小川 未明
絵: 吉田稔美
出版社: 架空社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

え〜っ!最後はそうなるんですか?

表紙に書いてある絵を見て、何故か少し寂しい感じがしていたんです。
金の輪を押していた男の子は、そうです!天の上からやってきていたのですよね。

古い絵本だから、日本語も今となってはめずらしい言い回し。子供はその文章に不思議な魅力を感じている様子。シンプルな挿絵に、シンプルな文章が、物語のもの悲しさを強く印象づけているようです。

大人っぽい絵本ですが、意外と子供もはまってしまいました。
同じ作者の絵本を全て読んでみたいと思いました。
(そうなんださん 30代・ママ 女の子11歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小川 未明さんのその他の作品

月夜とめがね / とっておきの笑いあります! もう一丁!! / 1年生からよめる日本の名作絵どうわ (1) 赤いろうそくと人魚 / 赤いろうそくと人魚 / ものぐさじじいの来世 / 太陽とかわず

吉田稔美さんのその他の作品

しあわせの青いポスター / 星磨きウサギ / うずまき貝のロケット / つづきのねこ / ルネサンス踊り絵本



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

金の輪

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット