しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
フーベルトとりんごの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フーベルトとりんごの木

  • 絵本
作: ブルーノ・ヘヒラー
絵: アルブレヒト・リスラー
訳: 木本 栄
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「フーベルトとりんごの木」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

幾つもの季節を共に過ごした男とりんごの木。
大きく立派なりんごの木は、誰からも愛され、持ち主の自慢でした。ある日、雷に打たれて2つに裂けたりんごの木は、もうたくさんの実をつけることもなくなり……。

ベストレビュー

命を移し替える

つい最近伯父がなくなって数日たって、ふと年をとるということは悲しみを自分で引き受けていくことかもしれないと思いました。

身内の死、大切なものとの別れ、そんなことがやって来ます。若い時であれば、その悲しみは周りにいる大人が受け止めてくれた。

でも、年をとってだんだんと自分が年長者になっていくと、すべてを自分の身に引き受けることになります。

この絵本の場合は、大切にしていたりんごの木です。フーベルトはりんごの木を自分の分身のように感じていたのでしょう。

雷に当たって裂け目ができたとはいえ、打ち捨てることなどできなかったのです。

ひょっとしたフーベルトは、りんごの木に自分の命を移し替えていったのかも。ふとそんなことを思いました。

柔らかい美しい絵にフーベルトのその時々の気持ちが映し出されてるような気がしました。

高学年向けのリストの中で見つけました。静かですが、深く余韻の残る絵本です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アルブレヒト・リスラーさんのその他の作品

魔法の夜

木本 栄さんのその他の作品

世界名作ショートストーリー ヘルマン・ヘッセ 子ども時代より / ひみつのプクプクハイム村 / 14歳、ぼくらの疾走 マイクとチック / ミルクマンという名の馬 / ミムス / 帰ってきた半ズボン隊 (上)事件編



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

フーベルトとりんごの木

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット