だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
ひろしまのエノキ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひろしまのエノキ

  • 絵本
作: 長崎 源之助
絵: 二俣 英五郎
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1988年
ISBN: 9784494006847

3歳〜
B5判・26.6×19.1cm・36頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

原爆をうけ、生きのこった一本のエノキ。そのエノキを守る子どもたちの姿を描く、平和の絵本。

ベストレビュー

エノキの伝えること

中学校の読み聞かせで再読しました。
広島の病院の傍らにあったエノキが、あの原爆と戦後とそして現在にわたって伝え続けているものがあります。
それは生きることの尊さ。
病院で負傷兵たちの憩いの場であったエノキの木陰は、原爆が投下された朝一変しました。
多くの命を失って荒廃した広島で、枝を吹き飛ばされても生き続けるエノキ。
復興していく町の中で残ったエノキですが、洞にゴミを投げ入れる人たちがいることを悲しんでもとまち小学校の児童たちがエノキを守る活動を始めました。
数人の児童たちの思いが拡がっていくのです。
子どもたちの願いを拒絶するように2度の台風で枝が折られ、幹の上の方が失われてしまったエノキ。
それでも子どもたちの願いは通じました。
樹医の手当のおかげでエノキは再生し、自分の子どもたちを育てたのちに一生を終えました。
この絵本には原爆の恐ろしさとともに、再生する力と未来にかける思いが込められています。
今年亡くなった長崎源之助さんが、戦争の悲惨さについて書き続けた絵本や物語の中で、光が見える作品です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長崎 源之助さんのその他の作品

サンタクロースがよっぱらった / ママのもちつき / ママははなよめさん / 汽笛 / ねずみのおなか / こうまがうまれたよ

二俣 英五郎さんのその他の作品

吉四六さん / くらやみえんのたんけん / 子ども寄席 春・夏 / 子ども寄席 秋・冬 / 東海道中膝栗毛  / CDつき えいごでよむ名作えほん(3) I Say,You Say とりかえっこ



すべてのおとなとこどもに贈ります

ひろしまのエノキ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット