おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
森 へ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

森 へ

  • 絵本
文・写真: 星野 道夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784834012279

自分で読むなら・ 小学中学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

氷河が後退したあと、気の遠くなるような時間をかけて育ってきた南アラスカの原生林。この森をひとりで歩いた著者が、森のなかでうけわたされてきた生命のものがたりを伝えます。

ベストレビュー

星野さんの息遣いが聞こえてきます。

クマの住む森を抜けていく星野さんの足取り、目にしたものは切り取っていく写真、緊張感のある文章。
星野さんの息遣いが見えてくるような絵本です。
自分も同じ立場にいるような気になりました。
自分の後ろにくまがちかづいてくるようなうす寒さ。臨場感のある絵本です。
くじらにあったり、くまにあったり、大自然に包まれると詩人になるのでしょうか。
文章はレポートのようでありながら、詩情がとても豊かです。

ただ、この本にいくつかの問題があります。
星野さんのことを知らなければ、写真に写された大自然の断片はあくまで記録。
写真から感動を得ることは難しいかもしれません。
写真についても、それが作品であるような選択ではなく、配置の仕方も資料のようです。
この絵本のメインは星野さんのレポートなのです。

こんな冒険心を持ってほしいと思いながら、これだけの危険さを子どもに紹介するには大人としても躊躇するところでしょう。
ただ、これは少年少女の心を持った人でなければ感動できない絵本でもあるかと思います。
自分は安全な場所にいながら冒険を体験する。
それも良いことですが、見る人には星野さんになりきってこの本を体験してもらいたいと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


星野 道夫さんのその他の作品

アラスカの詩 夢を追う人 / アラスカの詩 極北に生きる人びと / アラスカの詩 めぐる季節の物語 / 最後の楽園 / オーロラの彼方へ / ラブ・ストーリー



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

森 へ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット