すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
くぬぎの木いっぽん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くぬぎの木いっぽん

  • 絵本
作・絵: 近藤 薫美子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<品切れ重版未定>


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

ベストレビュー

自然を守るということは・・・

息子が大好きな近藤薫美子さんの絵本です。
近藤さんの絵本の中でも、特に息子は気に入っていたようで、
何度も読み返し、読み聞かせをせがまれた一冊です。

事の始まりは、アリが見つけた森林伐採の立て札。
「人間がやってくる!たいへんだ!たいへんだ!」

アリの知らせを聞いたくぬぎの木の住人たち。
それはもう大騒ぎです。
その様子が手にとって解かるかのごとく、近藤薫美子さんが
大勢の生き物たちの気持ちを描きまくっているのがすごい。

たかだか、くぬぎの木を1本切り倒すだけじゃないかと
思われるかもしれませんが、その1本にどれだけの生き物が
関わって生活しているのかという事実、今までに無い視点で
木や生き物たちのことを考える機会を与えられました。

この絵本と出会ってから、息子は生き物の視点で物事を
考えるようになった気がします。自然を守ることは生き物を
守ることに繋がるということ、生き物が大好きな息子にとっては
衝撃的な1冊だったようです。
最後のページ、未来に繋がる終わり方が大好きです。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


近藤 薫美子さんのその他の作品

むしホテルのおばけさわぎ / まよいが / ぴょんぴょんむし / むしホテルへようこそ / はじめまして / もりへぞろぞろ



「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

くぬぎの木いっぽん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット