もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
てじな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てじな

  • 絵本
作・絵: 土屋 富士夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年05月
ISBN: 9784834022711

読んであげるなら・ 2才から
22X21cm 24ページ

みどころ

何やら怪しい雰囲気の手品が出てきて不思議な呪文を唱えます。
「あんどら、いんどら、うんどら!」

穴あき仕掛け絵本でページをめくる度に「あっ!」と手品を盛り上げます。
派手なしかけではないけれど、何度繰り返し読んでも納得しちゃう味のあるつくり。

この絵本は月刊誌「こどものとも年少版」で出ていた頃からおはなし会などで人気があり、話題になっていたようです。めくっていく面白さも当然ながら、この劇場の様な独特な雰囲気が気分を盛り立ててくれるのかもしれませんね。
待望の単行本で発売です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

てじな

出版社からの紹介

なにやら怪しげな手品師が、たまごに呪文を唱えます。すると、たまごは大きな花に! 今度は、アヒルを筒に通しながら呪文をかけると、なんとアヒルはウサギに早変わり!

ベストレビュー

めくるのが楽しい♪

土屋富士夫さん、好きです。
小学校で読み聞かせボランティアをしているのですが、
「もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう」も「よりみちエレベーター」
も使わせていただきました。

これもどうかな?…と思い、主人と6年生の息子に練習してみたら、
反応はイマイチでした。
絵本はページをめくれば絵がかわるものだから、かな?
息子は穴がわかりにくいから、しかけがわかりにくいと…。

でもこれ、ちいさなお子さんがご家庭で読むには、とってもとっても面白いと思います。
私も読み聞かせの練習ではなく、一人でめくって読むときは、
「え?え?」と、前のページに戻して、しかけの面白さを楽しみました。
(あみむさん 30代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

土屋 富士夫さんのその他の作品

妖怪いじわるシャンプー / おっちょこちょいのオットさん / 妖怪 いじわるひょうしき / モンスタータウンへようこそ(2) モン太くんとミイラくん / ぼくはきょうりゅうハコデゴザルス / モンスタータウンへようこそ(1) モンスター一家のモン太くん



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました




全ページためしよみ
年齢別絵本セット