なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
川をわたるぺぺ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

川をわたるぺぺ

  • 絵本
作・絵: ヒサクニヒコ
出版社: そうえん社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784882642534

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

自然界の厳しさ!

恐竜好きの次男のために読みました。
草食恐竜を主人公とする絵本は “草食恐竜を食べる者は悪者”“草食同士は仲間だから助け合う” という単純な図式のものが多いのですが、このペペのシリーズは“仲間が食べられている間に逃げる”など、それぞれが生きるために必死な自然界の厳しさを感じられて、大人としても納得感が高いです。
ただ1冊あたりで取り上げられる場面が短いので(この場合まさに川を渡る場面だけ)、1冊だけだと少し物足りないかも?シリーズで読むとペペの成長を感じられて良いです。連載ものみたいな感じですね。
(猫彦さん 40代・ママ 男の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヒサクニヒコさんのその他の作品

人類の歴史を作った船の本 / ことばのゆらい図鑑 3人の体にゆらいする言葉 / 恐竜研究室 (3) 恐竜絶滅のなぞ / 恐竜研究室 (2) 恐竜のたたかいにせまる / 恐竜研究室 (1) 恐竜のくらしをさぐる / ことばのゆらい図鑑2 動物にゆらいする言葉



寝かしつけに最適な水中絵本

川をわたるぺぺ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット