貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
くさいむし かめむし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くさいむし かめむし

作・絵: 吉谷昭憲
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「くさいむし かめむし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月

5才〜6才向き
かがくのとも 2007年6月号

出版社からの紹介

初夏、山里が新緑でおおわれるころ、ミズキは白い花が咲きおわると、たくさんの実をつけます。この実を食べにカメムシがあちこちから集まってきて、産卵と子育てがはじまります。この子育ての中で、カメムシは子どもを守るために、あの臭いにおいを発射します。脱皮を繰り返しながら成長するカメムシの生態を、じっくりと味わってください。

ベストレビュー

こんなにたくさん!?

 虫が大好きな娘。
でも、「かめむし」と一口に言っても、こんなにもたくさんの種類があるとは知りませんでした。
しかも、色や形も様々で、名前までユニークなものがたくさん! 

この絵本で紹介されているのは、「えさきもんきつのかめむし」ですが、表紙の絵を見た途端、
「わぁ、ハートが付いてる〜!」と言って、娘の目が輝きました。
本当に自然の神秘ですよね。

 娘は、「わざとじゃないけど、かめむし、踏んじゃったことある。」と、はにかみ笑いをしていましたが、お母さんかめむしが必死で卵を守ろうとしている姿には、ぐぐっときたようです。
 いつまでも小さな命に心を向けられる子でいてほしいな、と願っています。
(ガーリャさん 40代・ママ 女の子7歳)

出版社おすすめ


吉谷 昭憲さんのその他の作品

はぐろとんぼ / こおいむしの こそだて / とんぼ / ふんをたべるむし ふんちゅう / いしがけちょう日記



頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

くさいむし かめむし

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット