あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
行事絵本シリーズ最新巻!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
狂言えほん ぶす
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

狂言えほん ぶす

  • 絵本
作: もとした いづみ
絵: ささめや ゆき
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「狂言えほん ぶす」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年04月
ISBN: 9784061323476

読みきかせ……3歳から
ひとり読み……小学校低学年から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

野村萬斎氏(狂言師)推薦!
「狂言」を通して、表現の楽しさを子どもたちに伝えたい――。この「狂言えほん」シリーズが、小さな子どもにとっての最初の一歩になれば、私もうれしいです。

〜「ぶす」は、こんなお話です〜
むかし、あるお屋敷に、主人と2人の家来がおりました。ある日、主人は「このつぼには『ぶす』というたいへんな毒が入っている。くれぐれも近寄らないように」と家来に言いつけて、出かけていきました。「ぶす」を見てみたくなった2人の家来は、「あおげ、あおげ」と、毒の風にあたらないように扇であおぎながら、つぼに近づきます。ついにつぼの中を見た2人は、「ぶす」が砂糖であることを知り、夢中でぜんぶ平らげてしまいました。帰ってくる主人に言い訳をするために、2人が考えたこととは、いったい?

ベストレビュー

「あおげ あおげ」「あおぐぞ あおぐぞ」

めちゃくちゃ楽しかったです。
読んでみると、昔どこかで聞いたような気がしました。
「ぶす」って、昔の「トリカブト」のことだったんですね〜。知りませんでした。
狂言のお話がこんなにも面白いとは!
実際の狂言を見てみてくなりました。

また、ささめやゆきさんの表現の仕方が良いんです。すごく笑えました。
特に、最初の「あおげ あおげ」「あおぐぞ あおぐぞ」とのシーンと、最後のページの太郎と次郎が踊りだすところが良かったです。
これはちょっとした“とんち”も入った内容なので、小学校4年生以上くらいの子どもたちに読んでみたいです。
出来れば、その時に「ぶす」の意味をきちんと伝えて読みたいですね。
時間があれば、後書きを読んであげるのもいいかもしれません。
おススメです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


もとした いづみさんのその他の作品

10ぽんのぷりぷりソーセージ / あかちゃん新社長がやってきた / ほしのさんちの おそうじ だいさくせん / ドーナツやさんのおてつだい / せつぶんセブン / うめちゃんとたらこちゃん

ささめや ゆきさんのその他の作品

かわいいおとうさん / 子どもつなひき騒動 / かえるぴょん / おとうさんは、いま / 三方一両損 / さっ太の黒い子馬



そらから「ぼふ〜ん」と落ちてきたのは巨大なホットケーキ!

狂言えほん ぶす

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット