もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
くまのプーさんのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くまのプーさんのクリスマス

  • 絵本
作・絵: ブルース=トーキントン
訳: 江國 香織
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「くまのプーさんのクリスマス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

雪のふる12がつのさむい夜、プーのへやは、クリスマスの喜びに満ちていました。ところが、そこへ雪だるま――どういうわけかピグレットにそっくりな雪だるま――があらわれて、プーはたりないものに気がつきます。友だちにあげる贈りもののことを、すっかりわすれていたのです。クリストファー=ロビンに相談すると、贈りものだけでなく、くつしたもひつようだと教えてくれました。クリスマスまで、もう時間がありません。プーは、いったいどうするのでしょうか。

ベストレビュー

プーさんらしい・・・

くまのプーさんはキャラクターとしては大好き
なのですが、絵本はなかなか内容が難しく、
娘にはまだあまり読んだことがなかったの
ですが、クリスマスにちょうどよいと思い、
読んでみました。
長い絵本なので、何度かにわけて読んだのですが、
大人の私としては、理屈っぽいプーさんのしゃべり
方が、なんだか逆におもしろくて、笑いながら読んで
しまいました。
ひとつのできごとを、かなり長くひっぱるところが
おもしろいのか、なんなのか・・・。
でも、プーさんはかわいいので、好きですけどね(笑)。
(スケボウさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


江國 香織さんのその他の作品

ゆき、まだかなあ / ナイアガラの女王 / 100万分の1回のねこ / ぼくはきみで きみはぼく / マドレーヌとパリのふるいやしき / おやゆびひめ



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

くまのプーさんのクリスマス

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット