宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
こおりのしまの ペンタ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こおりのしまの ペンタ

作・絵: 鎌田暢子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「こおりのしまの ペンタ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月

2007年06月
こどものとも年少版 2007年6月号

出版社からの紹介

いいお天気のある日、南極に住むペンギンの子どもペンタは、1人で走りだしました。それを見たお父さんお母さんは慌ててペンタを追いかけますが、なかなか追いつきません。そのうち、ペンタは氷の影に隠れてしまい、お父さんとお母さんは気づかずペンタを追い抜いてしまいます。さあ大変! でも……。白と黒のコントラストがかわいいペンギンの絵本。

ベストレビュー

かわいいです

ペンギンの子供、ペンタがよちよちと、氷のうえをおさんぽしているのが
かわいいです。
おとうさんとおかあさんが心配してついてくるのですが、、。
親子のなんでもない風景ですが
ぺんぎんがかわいいので、好きな絵本です。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ


鎌田 暢子さんのその他の作品

きつね / こぎつねボック / トントントンをまちましょう / 紙芝居 ぽぽんたのたんぽぽ / まっててね / ペンギンの あかちゃん



だいすきな「おともだち」を食べちゃった!?ラストは衝撃の…

こおりのしまの ペンタ

みんなの声(18人)

絵本の評価(3.84

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット