すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
マジック・アップル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マジック・アップル

作: レイナー・サセックス
出版社: 成星出版

本体価格: ¥1,300 +税

「マジック・アップル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

りんごの 紙で できた絵本

  世界の子どもたちと森や林のために、
    私たちはマジック・アップルの種をまきます。
『りんごのこころ・りんごのきもちプロジェクト』呼びかけ人
 川津祐介 黒柳徹子 三遊楽太郎  武田鉄矢 藤本義一
  
 
 という、帯にひかれて、購入しました。

 この絵本は「りんごの紙」で出来ています。
 りんごの紙は、紙の材料になる森や林の木を守ります。
 りんごの紙の収益は、森や林の保護と世界の子どもたちのために役立てます。
 
 という後書きを先に読みました。


 むかしむかし、リーフ・ヴェイルと呼ばれる小さな村で起きたこと。
 ポッターおばさんの庭に、一本のりんごの木が実ります。
 ポッターおばさんは、りんごへの感謝の気持ちで、一番大きく赤いりんごを残します。もちろん、鳥たちが食べてしまうのですが。
 でも、ある年、“ありがとうりんご”を鳥たちは食べませんでした。
 初雪の頃、りんごは、大きく赤くピカピカひかり…。
 村をあげての大騒ぎ、村の古い記録をひもとくと…。

 奇蹟の実現は、たくさんの人のためにというところが、このストーリーの素晴らしいところです。

 3歳当時息子は、当時、村長の顔をぺしぺし叩いていました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

出版社おすすめ

  • どうぶつドドド
    どうぶつドドドの試し読みができます!
    どうぶつドドド
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    動物をたくさん置いてドミノ倒しをしよう!第22回日本絵本賞読者賞【山田養蜂場賞】受賞



『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

マジック・アップル

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット