あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
ごろはちだいみょうじん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ごろはちだいみょうじん

  • 絵本
作: 中川 正文
絵: 梶山 俊夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1969年08月
ISBN: 9784834002034

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「五呂八大明神いうても神さんのことやない。たぬきのことや」奈良に生まれ育った作者が、大和地方のことばで幼い子どもたちの心にしみじみと訴えかける、味わい深い物語絵本です。

ベストレビュー

関西弁の味わい

関西弁、と言うより、正確には「大和弁」でしょうか。
大阪生まれ・大阪育ちの私ですが、なかなか読むのが難しいです。
でも、それっぽく読めていればいいんじゃないかと思っていますが(笑)

絵本講師の資格を取るために勉強をしていたとき、
中川正文先生の講演を聞いて、
このお話が、昔話ではなく、中川先生の完全な創作絵本だと知りました。
まるで、昔から、この口調で語りつがれてきたかのようなリアリティです。

ごろはちは、村人にてんご(いたずら)をしますが
子どものするような、本当に悪気のないいたずらで
村人も、そのことを承知していて、
「あないして、おそなえのさいそくしてはるのや」と、あぶらげのお供えを欠かしません。
昔、神様と人とがもっと近かったとき、本当にこのような関係だったのではないかな?

鉄道など走っていない時代のことです。
村人たちは、走ってくる汽車を見ても、本物だとは思わなかったのです。
ごろはちは、村人たちをかばって・・・

でもでも、ごろはちが普段から村人をだましたりしていたからこそ
「ごろはちに だまされとるのとちがうやろか」と村人たちも思ったわけで
そう考えれば、自業自得?と取れなくもないのですが・・・
なんにしても、ごろはちのおかげで村人たちは助かったわけです。
ごろはちは神様になる運命だったから、いずれは何かしらの形でこうなることになっていたのかもしれません。

長男は、保育園の年長さんのクラスで、このお話を劇で演じてたのを見ていたので、
ストーリーは把握していました。
まだ、感情移入して泣いたり、ということはありません。
何度も読み、年齢を経てまた感じるところが違ってくるかと思うので、繰りかえし味わいたい絵本です。
(シーアさん 20代・ママ 男の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 正文さんのその他の作品

アラビアン・ナイトのおはなし / きつねやぶのまんけはん / がんばれ さるの さらんくん / おはがきついた / いちにちにへんとおるバス / かげはすてきなともだち

梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ごろはちだいみょうじん

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 25人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット