もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
なぞなぞ100このほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なぞなぞ100このほん

  • 絵本
絵: M・ミトゥーリチ
訳: 松谷 さやか
再話: M・ブラートフ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なぞなぞ100このほん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784834002133

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ロシアやウクライナなど北の国のなぞなぞを百個集めました。大きな自然を感じさせるなぞなぞやかわいい動物が答えのなぞなぞなど楽しさいっぱいの本。百個のさし絵も魅力です。

ベストレビュー

たっぷりの時間をかけて

詩のように流れる文章で、次々に現れるなぞなぞ。
なぞなぞ大好き娘が、さっそく挑戦!

「五つのへやにいりぐちがひとつ」(てぶくろ)のなぞなぞには
「聞いたことがあるよね」と言ったり、
「あるかないしはしらない とびはねるだけです」(かえる)
のなぞなぞには、二人で「確かにね〜」と納得。
「つぼをこわさないと おかゆがたべられない」(くるみ)には、
「そんなん、わからんわ〜!!」と悶絶したり。

絵が答えなので、娘は「見せんといて」と解きにかかるけど、
次々に飛び出す難問に途中からギブアップ。
たっぷりの時間をかけて楽しみました♪
(ねがいさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


M・ブラートフさんのその他の作品

シーフカ・ブールカ まほうの馬 / およめにいった三人のむすめ / マーシャとくま

M・ミトゥーリチさんのその他の作品

イワーシェチカと白い鳥 / ゆきが やんだ あとで… / お日さまをみつけたよ / ぺんぎんほいくえん / こぐまとふうせん / はりねずみ かあさん

松谷 さやかさんのその他の作品

海と灯台の本 / うっかりもののまほうつかい / なにに なろうかな? / ことりのゆうびんやさん / イグアノドンとちいさなともだち / こぐまを びっくりさせたのは だれ?



自動販売機のボタンを押して、何がでるかはお楽しみ♪

なぞなぞ100このほん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット