大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
セルコ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

セルコ

  • 絵本
作: 内田 莉莎子
絵: ワレンチン・ゴルディチューク
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「セルコ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784834017335

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

とても年をとった犬のセルコは、お百姓の家から追い出されてしまいます。セルコが野原をうろついているとオオカミに出会い……。ユーモアいっぱいの犬とオオカミの友情物語。

ベストレビュー

オオカミが酔っぱらって歌っちゃうとこがいい

面白かったです。

実は似たような話は、ヨーロッパの各地に伝わっているようで、たまたま最近読んだ「こくま社の 子どもに語る グリムの昔話6」では、“おいぼれズルタン”という話で載っていました。こちらは結末がちょっと違っていて、「イヌ」は人間の友だち。オオカミは「獣」という解釈で作られているようです。
また、同じ内田理沙子さん邦訳の「ロシアの昔話」の中にも、似たような話“まぬけなおおかみ”というのが載ってました。

でも、2つとも人間有利な話になっていて、せっかくおおかみが犬を助けたのに……。と、ちょっと納得いかなかったんですよ〜。

この《セルコ》は、主人公のイヌとオオカミのやり取りが目茶目茶よかったです。
イヌは自分の立場ってものを大事にしながらも、オオカミとの友情も大切にしていて、見ていてとても納得できました。
最後の方でオオカミが酔っぱらって、歌っちゃうとこなんか、ウクライナ地方の朗らかな陽気さが伝わってくる感じですごくよかったです。

ワレンチン・ゴルディチュークさんの、この絵をほめていらっしゃるナビのメンバーの方がいました。
いや〜、もともとソ連政府御用達の似顔絵画家などもやっていらした方らしいので、絵自体はとてもうまいのですが、
私はこの犬の主人の脂ぎった人相がどうもいただけませんでした。
話自体はとっても面白いので、機会があったぜひ、手にとって読んでみてほしい作品です。
小学校の中学年くらいから、中学・高校生くらいの方にお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子12歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 莉莎子さんのその他の作品

にひきのよくばりこぐま ハンガリーの民話 / ビアンキの動物ものがたり / ロシアのわらべうた / 福音館文庫 ぞうのドミニク / The Gigantic Turnip おおきなかぶ(英語版) / 福音館文庫 太陽の木の枝

ワレンチン・ゴルディチュークさんのその他の作品

わらのうし ウクライナの昔話



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

セルコ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット