ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
12の月たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

12の月たち

  • 絵本
作: サムイル・マルシャーク
絵: ダイアン・スタンレー
訳: 松川 真弓
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

大吹雪の日、まま母にいいつけられた少女は、春に咲くはずのマツユキソウをさがしに森へでかけた。そして赤くもえるたき火を見つける。そこには12の月の兄弟たちがいた…。名作児童劇『森は生きている』の原案となったお話。美しく格調高い豪華絵本。

ベストレビュー

やさしいきもち

スロヴァキア地方の昔話です。
きちんと読んだことはなくても、どこかで聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
意地悪な継母と姉の言いつけで、凍えそうになりながら雪山ですみれを探していたマルーシャは12の月たちと出会いました。
すみれの咲く月、リンゴの実る月、姉に言われるままに雪山に入っても、それぞれの月たちが助けてくれます。

人間関係は昔話によくあるお話ですが、冬の厳しさ、春の美しさ、秋の恵みが描かれ、この地方の人々が季節にどのような思いを抱いていたかが伝わってきます。

家事は面倒でつらいこともありますが、優しい少女がてきぱきとこなしている姿を見ると、なんだか素敵なことのように思えてくるので不思議です。
優しい気持ちを持ち、地に足の着いた幸せな結婚生活が、いちばん素朴でかけがえのない幸せなのだと思い至ることのできた絵本です。
(花明りさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

サムイル・マルシャークさんのその他の作品

小さなお城 / 岩波少年文庫 72 森は生きている / 世界の名作12 森は生きている  / 12つきのおくりもの / こねこのおひげちゃん / アイスクリーム かんながかんなをつくったはなし

ダイアン・スタンレーさんのその他の作品

ネズミはひとり森のなか

松川 真弓さんのその他の作品

ぼくたち、いちばん! / 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− / ねえ、どれがいい? / ここに いきる みんなの もの / <ボード・ブック> コロちゃんはどこ? / ミルドレッドの魔女学校 (1) 魔女学校の一年生



めいろをなぞりながらクイズでも遊べる絵本!

12の月たち

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット