だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
イグナツとちょうちょ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

イグナツとちょうちょ

作: クラウス・ボーン
絵: ヨゼフ・パレチェク
訳: 荒井 良二
出版社: MKインターナショナル

本体価格: ¥1,600 +税

「イグナツとちょうちょ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年
ISBN: 9784903117041

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞した絵本作家 荒井良二さんが初めての翻訳に挑戦した絵本。自転車に乗ることが大好きなイグナツ。ある日、彼が住んで いる街で大金持ちが“ちょうちょをつかまえたらごほうびをやる!”と言い出して、街の大人たちは大騒ぎになりますが…

ベストレビュー

ヨゼフの鮮やかな色彩が印象的な絵本

ヨーロッパの人って、丸めがねをかけて、髪やひげを伸ばすと、みんな同じ感じに見えるのかもしれませんが、
私はパッと見、『イグナツ』ってジョン・レノンに似てるな。と、思いました。

ヨゼフ・パレチェクのイラストは、鮮やかな色彩で、とても目を惹きました。
絵画に興味のある人は、ヨゼフの絵を見ているだけで楽しめると思います。

お話は難しくないし、文も短めで読みやすいので、4,5歳くらいから小学校高学年くらいまで、お薦めです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヨゼフ・パレチェクさんのその他の作品

ちいさなよるのおんがくかい / ちびとらちゃん / マシュリカの旅 / はだかの王さま / かばのティリーネック / おやゆびひめ

荒井 良二さんのその他の作品

きょうはそらにまるいつき / チロルくんのりんごの木 / そりゃあもう いいひだったよ / こどもる / ひゃくえんだま / はるってどんなもの?



第12回 『あったかいな』の片山健さん

イグナツとちょうちょ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット