マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ロボットのくにSOS
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロボットのくにSOS

作・絵: たむら しげる
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ロボットのくにSOS」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784834011999

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

出版社からの紹介

フープ博士とルネ君の所へゼンマイロボットが訪ねて来ます。地下にあるロボットの国を救ってほしいというのです……。コンピュータ・グラフィックスで描かれた美しい冒険漫画絵本です。

ベストレビュー

冒険漫画です。

冒険漫画です。
コマ割り絵本とか、漫画風の体裁といったちょっと曖昧な表現をされている方もいますが、
どこからどう見ても漫画です。
横書きですし、たむらしげるさんのタッチは、
「タンタンの冒険」シリーズのようなヨーロッパの漫画のような印象を受けます。

我が子は漫画が大好きですし、
私は子供に漫画を与えることに全く抵抗がないので、
自信をもって「漫画です」と言えます。
曖昧な表現をされている方は、漫画を与えたくないという思いがあるのでしょうか。
レビューを読んだ方が誤解するといけないので、
敢えて言いますが、この本は「漫画です」。

内容は、ルネくんという少年と博士が、
ぜんまい式の旧式ロボットに頼まれて、
ロボットの国の発電機を直しに、冒険旅行に出るという設定。
最後は、ロボットの国を救うために、ぜんまい式ロボットが自分の部品を提供するというちょっと切ない終わり方です。
ロボットやルネくんを始め、登場人物は皆とても心が優しいのです。

4歳〜とありますが、漫画なので、読み聞かせはちょっと大変。
自分で読めるようになる5、6歳くらいからがオススメです。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たむら しげるさんのその他の作品

よるのおと / ゆきゆきゆき / 夢の旅 / うちゅうスケート / クッキー・サーカス / へんてこハウス



『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー

ロボットのくにSOS

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.2

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット