もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
風の又三郎
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

風の又三郎

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 小林 敏也
出版社: パロル舎

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「風の又三郎」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

子どもたちの世界はなかなかおもしろい!

宮澤賢治の子供の世界の描き方がなかなか面白いなあ〜

小学生の男の子達の遊びが魅力的に描かれているなあ〜

転校してきた三郎、彼は、お父さんの仕事で転校してきた。はじめはみんなも、違和感があったけれども、そこは子供の、すばらしさで、三郎を仲間に、いろんな遊びをする。
一番大きい6年生の、一郎を中心に、それぞれの子どもたちが独りひとり、個性があり、存在感がある。
子供の好奇心は、いつの時代も同じだなあ〜

男の子は、面白い!(魅力的だ)
不思議な経験を、いろいろしている。
三郎もすっかり仲間になっていて、風の又三郎と不思議な存在として描かれている、みんな、一目おいていたのだろう!

このお話を、さらに盛り立てているのは、小林敏也氏の絵だと思う。
美術館の作品を見ているようで、心地が良い、馬の絵、耕助が、木を見上げる絵はとても
気に入りました!
川で裸で泳いで、、木に登っている絵も面白い!

三郎は、お父さんの仕事でまた、北海道に帰っていく、みんなにお別れの挨拶もすることなく・・・・

どっどど どっどど どどどど どどこ どどこ 風三郎
歌が あって、保育園の子どもたちと歌ったのが懐かしい!

風の又三郎は、今頃どうしているんだろう。

そして村の子どもたちは、三郎がいなくなってどんな風に思ったんだろう?
余韻を残すお話でした。
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

宮沢 賢治さんのその他の作品

貝の火 / ざしき童子のはなし / どんぐりと山猫 / 雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚 / 雨ニモマケズ

小林 敏也さんのその他の作品

猫の事務所 / ざしき童子のはなし / シグナルとシグナレス / 銀河鉄道の夜 / 土神と狐 / 蛙の消滅



『おふくさんのおふくわけ』服部美法さんインタビュー

風の又三郎

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット