ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
きつねものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きつねものがたり

  • 児童書
作・絵: ヨセフ・ラダ
訳: 内田 莉莎子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1966年
ISBN: 9784834000580

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

出版社からの紹介

チェコの代表的な童話作家ラダの、とびきり楽しいお話です。森のキツネが字とことばをおぼえ、人間をだしぬいて森の番人になるまでが、楽しくユーモラスに語られます。

ベストレビュー

にくめないきつねくん

人間のもとでかわいがられていたきつねが家を出て一匹で生きていくお話です。
きつねといえばやはりずるがしこいというイメージが一番に浮かんでしまいます。彼もそんなきつねのお話を子供に聞かされていたせいかずるがしこいきつねを目指しますが…。
人間に育てられたせいか純粋なところもあり、やや世間知らずなきつねくんが失敗したり成功したりで面白かったです。
人をだますのに成功しても胸にひっかかるところがあったりと心根はいいきつねくんです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヨセフ・ラダさんのその他の作品

おばけとかっぱ / 黒ねこミケシュのぼうけん / きつねのものがたり

内田 莉莎子さんのその他の作品

にひきのよくばりこぐま ハンガリーの民話 / ビアンキの動物ものがたり / ロシアのわらべうた / 福音館文庫 ぞうのドミニク / The Gigantic Turnip おおきなかぶ(英語版) / 福音館文庫 太陽の木の枝



『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

きつねものがたり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット