あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
かさどろぼう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かさどろぼう

  • 絵本
作・絵: シビル・ウェッタシンハ
訳: いのくまようこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年05月
ISBN: 9784198623371

5歳から

7〜8歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

町で、生まれて初めてかさを見たおじさんは、「なんてきれいで便利なものだろう」と、喜んで村へ買って帰りました。ところが何度かさを買っても、そのたびにぬすまれてしまい…? 小さな村を舞台にのびのびと語られる、ユーモラスなお話。第三回野間国際絵本原画コンクール入賞作、待望の復刊。

ベストレビュー

絵もストーリーも素敵です

スリランカの小さな村が舞台のお話です。
5歳の息子、早速地球儀でスリランカをチェック。

傘がないこの村では、
バナナのはっぱなどを傘がわりにしています。
バナナの葉っぱを見たことがない息子は
??? な様子でしたが、
色あざやかな絵とストーリーにどんどん引き込まれていました。

なぜかどんどん盗まれていくキリママおじさんの傘。
いったいどんな展開になるのか、
親子でドキドキしながらページをめくりました。

そして最後現れた犯人は!?
意外な展開にとってもびっくりしたり、ほっとしたり。
おじさんの優しい心遣いにも触れ、
心温まるエンドで、久々にヒットの一冊にめぐりあえたと思いました。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シビル・ウェッタシンハさんのその他の作品

ポッダとポッディ / わたしのなかの子ども / ポッダとポッディ / ねこのくにのおきゃくさま / かさどろぼう / きつねのホイティ

いのくまようこさんのその他の作品

ジョゼフのにわ



『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

かさどろぼう

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット