モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
ママとパパをさがしにいくの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ママとパパをさがしにいくの

作・絵: ホリー・ケラー
訳: すえよし あきこ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「ママとパパをさがしにいくの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

ホラスには、すてきなママとパパがいました。ママはホラスのために毛糸のスリッパを編んでくれるし、パパは毎晩いっしょにゲームをして遊んでくれます。だけど……。「ぼくのからだのもよう、へんだよ」ママとも、パパとも、いとこたちとも全然ちがうホラス。ほんとうのママとパパに会いたくなって、家を出ていくのですが……。親が子どもをおもう気持ちと、子どもが親をおもう気持ちをやさしく描いた作品です。

ベストレビュー

両親から愛されているのかどうか

「ねえねえ、もういちどききたいな…」を読んだあとだったので、驚かなかったのですが、これも養父母と養子の話だと思いました。

「ねえねえ、もういちどききたいな…」は、人間だったので途中まで気がつかなかったのですが、こちらの本は、とらがひょうを育てているので見た目でもわかります。

大事に育てられていても、自分と血のつながりをどう自分で考えていくのかは重要な問題ということはわかります。

あまり重くならない感じで、さらっと大事なことを描けるのは、海外絵本だなあと思いました。

お母さんがホラスに聞かせるお話に愛情があふれていて好感を持ちました。

子どもにとっては、両親から愛されているのかどうか、必要な人であるのかどうか、そのことがとても重要。描かれているのが、いいなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ホリー・ケラーさんのその他の作品

みんなおおきくなるんだよ  / きいてみようしんぞうのおと / たべることはつながること / たすけて! / あっ! ゆきだ / ファルファリーナとマルセル

すえよし あきこさんのその他の作品

チップとなぞのビー玉めいろ / とうさんねこのたんじょうび / もくようびはどこへいくの? / チップとまほうのフラッペ山 / ぱたぱたバニー Pat the bunn / おにわで In the Garden



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

ママとパパをさがしにいくの

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット