もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
雨のふらない島
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

雨のふらない島

作・絵: ハンダトシヒト
出版社: ビリケン出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ずーっとずーっと南のそのまた南に、ちいさな島がありました。そこは雨のふらない島。こまりはてた王さまは、島の人々と雨ごいをしました。「アメチー アメチー アメアメソワカー」ところが、すさまじい音とともに空からふってきたのはみたこともないほどの大きな大きな種でした。はたして種の正体は……?

ベストレビュー

雨の降らないコメディー

絵に惹かれて借りてみました。

雨の降らなくなった島の人々が、雨を降らそうと悪戦苦闘します。
漫画っぽい絵とストーリー展開でした。
なぜタネから足が出てくるのか、何故噴火が起こるのか
突っ込みどころ満載ですが、楽しく読めました。

しみじみ、雨は降らないと大変だなーと思いました。

色鉛筆でいたずら書きのように書いた絵が
何となく親近感が沸いてよかったです。
(きゃべつさん 30代・ママ 男の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?

ハンダトシヒトさんのその他の作品

おねがいナンマイダー / ひみつのムシムシランド / ミーミーちゃんのラストレター



そらから「ぼふ〜ん」と落ちてきたのは巨大なホットケーキ!

雨のふらない島

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット