ぴょーん ぴょーん ぴょーんの試し読みができます!
作・絵: まつおか たつひで  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「かえるが・・・ぴょーん」「こねこが・・・ぴょーん」ページをめくると次々にいろんな動物がジャンプします。くりかえしが楽しい絵本です。
はるとうちゃんさん 30代・せんせい

ぱぴぷぺぽ…の音の面白さ
 「ぴょーん」という音の面白さを改めて…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
すーびょーるーみゅー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すーびょーるーみゅー

  • 絵本
作: 谷川 俊太郎
絵: 土佐信道
出版社: クレヨンハウス

本体価格: ¥1,200 +税

「すーびょーるーみゅー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あかちゃんから絵本シリーズ第8巻.

土佐さんの描いた「せかいのしくみ」を見て、谷川さんがイメージしたのは「マンダラ」でした。
じゅもんのようなことばに、世界が次々と変化していきます。

「かぽ」と唱えると、
「すーごーはーしー/たーるーみーにー
ぼーばーめーらー/しゅーぼーにょーりゅー」
と、火が燃え上がります。
「でむ」で水が吹き出し、
「るん」で風がおこり、「んん」で光が!
そして、「どどごんくん/ざるんすきぱ」と、
世界が生まれたのです。

ベストレビュー

言葉のマジック

なんだか不思議な言葉の羅列に、子どもはすっかり魅せられたようでした。
私も最初はつっかえつっかえ読んで、だんだんリズムをつかんでみたならば、いつしかお経調になっていました。

わからないながらも真意を隠しもっていそうな挿絵も魅力です。
これはなに?! お経調の母の声を聞きながら、子供が必死で絵を見ていました。
なんとなくスケールがでっかそうです。
こういう絵を見て、こういう言葉を聞いて育つ娘が羨ましいなと思います。
なんだか型にはまらないマイワールドを持って成長できそうじゃないですか。それも何か本質的なものをちゃんと内包して。
「力」を持った本だなぁと思います。
(てぃんくてぃんくさん 30代・ママ 女の子5歳)

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

谷川 俊太郎さんのその他の作品

えじえじえじじえ / 生きる / よるのこどものあかるいゆめ / でんでんでんしゃ / フレデリック(ビッグブック) / いそっぷ詩

土佐信道さんのその他の作品

すーびょーるーみゅー



『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー




全ページためしよみ
年齢別絵本セット