もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
金のがちょうのほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

金のがちょうのほん

  • 児童書
作: レズリー・ブルック
絵: レズリー・ブルック
訳: 松瀬 七織 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年
ISBN: 9784834007947

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「三びきのくま」「三びきのこぶた」「金のがちょう」「親ゆびトム」というイギリスの昔話に、ブルックが、これ以上ないと思わせるほど見事な絵をつけています。1904年生まれの古典。

ベストレビュー

童話への入り口に

4歳の息子に読みました。少し文字が多くて絵が少なめで、1冊に何話かのお話が入ったこのような本も読み始めている今の時期にぴったりでした。私は訳者の瀬田貞二さんの文章が好きなので選びました。

「三びきのこぶた」は、福音館書店の同名の絵本と同じ文章ですが、絵は異なります。どちらも素敵な絵ですが、こちらの方がレトロで惹かれました。

息子は、4話のなかで「三びきのこぶた」が一番好きなようです。「保育園で読んでもらった絵本では、お兄さんのこぶたは死なないんだよ」と言っていました。そういうアレンジがしてある話も多いですが、昔話の残虐性には意味があると思っているので、私はこちらが好みです。

他の「金のがちょう」「三びきのくま」「親ゆびトム」もいずれも何種類もの絵本がでていますが、とにかく訳文がいいので、結構時間がかかる話もありますが、読む私も気持ちよく読めます。

(さみはさみさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松瀬 七織さんのその他の作品

王さまになった羊飼い

瀬田 貞二さんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / おなかのかわ / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

金のがちょうのほん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット