貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
バクのあかちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バクのあかちゃん

作: あいはら ひろゆき
絵: あきくさ あい
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784774610610

出版社からの紹介

愛につつまれ、親も子も幸せな気持ちで眠りにつける絵本「ねえ、ママ。ママは いつも ぼくと いっしょだよね。」「ええ。ママは いつも ぼうやと いっしょよ。」「うん よかった。」

ベストレビュー

バクって何?に答えてくれます

小学校1年の次男が、「バクって何?」って妻に聞いたら、「夢を食べる空想の動物」と言っていたので、借りてきたのがこの絵本です。

バクの赤ちゃんが可愛らしく、恐らくこんな動きをするのでしょう。
何といっても、バクの赤ちゃんが迷子になったと思ってあわてて走ってぶつかったのが、おかあさんのお尻だったというシーンが最高です。
やはり、おかあさんは身近にいてくれるという安心感を与えてくれます。
子供も、バクのおかあさんって良いねと感激してました。

読後感が何とも言えず心地良く、ほのぼのとさせてくれる絵本です。
幼稚園児あたりがピッタリの内容だと思います。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あいはら ひろゆきさんのその他の作品

くまのがっこう おでかけブック(2) ゲームであそぼう / くまのがっこう おでかけブック(1) おはなしだいすき / 小学館ジュニア文庫 映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ / 1.2.3歳向け絵本 ルルロロ はみがき しゃかしょこ / 1.2.3歳向け絵本 ルルロロ おしっこ できたね / ジャッキーのしあわせ

あきくさ あいさんのその他の作品

みずたまちゃん / ぼくとちいさなポポフ / 紙芝居 よぶこどり



『しりとりしましょ!巻物えほんキット』<br>さいとうしのぶさん インタビュー<br>

バクのあかちゃん

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット