貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
まほうつかいのでし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まほうつかいのでし

  • 絵本
作: 大石 真
絵: 柳原 良平
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「まほうつかいのでし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784052028830

幼児

この作品が含まれるテーマ

みどころ

このおはなし「まほうつかいのでし」は、ディズニーの音楽映画「ファンタジア」の中でミッキーマウスが演じているのでご存知の方も多いかもしれません。原作はゲーテの詩から生まれた音楽だそうです。
 
この絵本ではそんな古くから伝わる話を軽快&明快な表現で、とてもお話がわかりやすく伝わってきます。大石真さんのリズミカルな文章と柳原良平さん(アンクル・トリスの生み親!)の大胆でとってもキュートな絵がとってもマッチしているのです。

魔法を早く使いたくてうずうずしている弟子オトール。その様子を知ってか知らずかすました顔で仕事を申し付ける魔法使い。
そしてとうとう我慢できなくなったオトールがしでかしてしまった失敗に対してかける魔法使いの言葉。
そんなに大げさな顔の表情を作ったりしていないのに、その言葉がとても力強く響いてくるのはお話が分かりやすく伝わってきている証拠でしょう。

30年以上も前に出版されて長らく絶版となっていた作品の嬉しい復刊絵本です。当時はレコードや楽譜もセットになっている「こども音楽館」シリーズとして発売されていたそうです。ちょと面白そうですよね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

文豪ゲーテの詩をもとにつくられた名曲「魔法使いの弟子」の絵本。魔法使いが留守のあいだにその弟子が、おぼえたての魔法で大失態をおかしてしまう。「アンクル・トリス」の生みの親、柳原良平の温かく、カラフルな切り絵が広がる傑作を復刊!

ベストレビュー

まほうつかい

柳原良平さんの絵がなんともすてきでかわいい。
こういう絵本がずっと読まれているのはいいなあと感じます。
まほうつかいの存在はこどもたちには魅力的で興味津々なはず。
それをこんなふうに描かれていて、楽しく読めました。
子どももお気に入り。読んで読んで、です。
(おうさまさん 30代・ママ 男の子3歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大石 真さんのその他の作品

ふしぎなひこうき / 名作よんでよんで おやすみ前のお話366話 4冊入り / はじめてよむ童話集 5 すこしかなしい話 / 名作よんでよんで グリムどうわ15話 / うらしまたろう / イソップどうわ 25話

柳原 良平さんのその他の作品

ばいかる丸 / 貨物船のはなし / ミニえほん やさいだいすき / ミニえほん かお かお どんなかお / あのほしなんのほし / 十二支のしんねんかい



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

まほうつかいのでし

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット