もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ライオンのおとしもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ライオンのおとしもの

作・絵: いとう みき
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「ライオンのおとしもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年04月
ISBN: 9784477019154

出版社からの紹介

ライオンが泣いています。大事な物を落としてしまったというのです。
女の子とハシコウが一緒にさがしますが、見つかるのでしょうか……?

ベストレビュー

すてきなトリオ

返却棚でふと手にとった本でした。
(私にとって返却棚は出会いの宝庫♪)

時間がなくて、中をよく見ずに借りてきて、
おうちに帰ってから開いてみてびっくり!!
まぁなんて素敵な絵♪ かわいらしくて色彩もキレイ!!

お話はわりとありがちな感じかな。

ライオンがなくしてしまった大事な王冠を
おんなのことハシコウという鳥がいっしょに捜します。
(「ハシコウ」って種類?初めて聞きました)

「きめたこと」を毎日時間どおりにしないと気がすまない
というこのライオンくん、いつも腕時計をつけています。
そして普段の様子のコワイ顔もなぜか笑えるのですが、
王冠をなくしてしまってからの表情のなさけないこと。

でもこのライオンくんみたいに、
すごーく真面目なお子さんで、ルールを守らないことが許せなかったり、
いつも通りでないことに居心地悪く感じてしまう子っていますよね。

そんなライオンをやさしくはげますおんなのこと、
なんだかんだとケチつけながらもいっしょに捜しているハシコウくん、
言葉は悪いけどほんとはやさしいいいヤツなんでしょうね。
ちょっとひねくれてるけど。
そのそれぞれのキャラと組合せがいいなぁと思いました。

オチもありがちなんですけど、違う結末を予想していたので、
思いっきり笑ってしまいました。

この愛すべき頑固者のライオンくん、
その後どうなったのかが気になってしまいます。

息子もおもしろかったと言っていました。
お絵描きが大好きなので、こんな絵が描けたらいいなとも思ったようです。

単純なお話ではありますが、とーーっても素敵な絵なので、
手元に置いておきたくなりました♪
(まりちゃる★さん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう みきさんのその他の作品

まほうのゆうびんポスト / 決まり・ならわし 暮らしのルール! / らくだいおばけがやってきた / かえってきた まほうのじどうはんばいき / ともだちは なきむしなこいぬ / 空とぶペンギン



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

ライオンのおとしもの

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット