ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
宮野家のえほんももちゃんとおかあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

宮野家のえほんももちゃんとおかあさん

作・絵: おおさわさとこ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784752003687

出版社からの紹介

ある日、ももちゃんの家におじいちゃんとおばあちゃんから、はがきが届きました。
「つぎの土曜日、遊びにいくから、おみやげはなにがいいか お返事ください」
そこで、ももちゃんは、お返事を書いて、ひとりで商店街のポストまで出しにでかけました。
ところが、ももちゃんは、商店街で迷子になってしまって…。
母子の関係をあたたかく描いた作品。

ベストレビュー

暖かい母娘のおはなし

3歳の娘と読みました。

ももちゃんはちょうど娘よりちょっと大きいくらい。
おじいちゃんとおばあちゃんに書いたおてがみを出しに、
商店街の前のポストまで一人でおでかけします。

と、商店街の中に見えた風船や、やおやさんのいちご。
娘は、「いいなぁ〜!」と羨ましそう。
横で見ていた8歳長男は、
「あー!一人でどんどん入っちゃダメだよ!」と、ももちゃんに注意。

3、4歳と8歳の違いだな。
3、4歳だと、つい目の前にあるものに夢中になってしまって、
迷子になりやすいのかな。
私も注意しなくては。
と思いながら読ませていただきました。

ついに泣き出してしまったももちゃんの顔と、
ももちゃんを抱き上げたお母さんのおおきな手。
読んでいる娘まで、ほっとしたような顔をしていました。

最後はお兄ちゃんらしき人がでてきたり、
もしかしてお母さんは、お腹の中に赤ちゃんがいる?と思わせる
裏表紙の絵もあったりして、
とっても暖かい家族の話です。

あれ?
もしかしてこのお兄ちゃんって、
「たっくんのおてつだい」の、たっくんだろうか?

たっくんの絵本は昔、息子と読んだことがあります。
そして今、たっくんの妹の絵本を、息子の妹と読んでいる・・・。
そう思うと、なんだかとっても不思議でした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

おおさわさとこさんのその他の作品

宮野家のえほん たっくんのおてつだい



どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

宮野家のえほんももちゃんとおかあさん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット