ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
オズの魔法使い(洋書版)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オズの魔法使い(洋書版)

  • 絵本
作: ロバート・サブダ
原作: ライマン・フランク・ボーム
絵: ロバート・サブダ
出版社: Little Simon

本体価格: ¥4,000 +税

「オズの魔法使い(洋書版)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

関連するスペシャルコンテンツ


ロバート・サブダさんにインタビューしました!

みどころ

言語:英語

<和書版より転載>
 大人気!ポップアップアーティスト「紙の魔術師」ロバート・サブダの仕掛け絵本です。他の仕掛け絵本の追随を許さない精巧で美しい芸術的な仕上がりは既に話題をさらっています。

 その中でもダイナミックな仕掛けで人気の「オズの魔法使い」。L.フランク・ボームの『The Wizard of Oz』(邦題『オズの魔法使い』)の出版100周年を記念して創られたものです。
 物語を簡潔にまとめ、それぞれいくつかのエピソードを大胆に立体化し、凝ったつくりやインパクトの強いカラーで印象的なシーンを作り出しています。竜巻や大きな風車が回るページなどの仕掛けは想像の範囲を超えた驚きです。物語が載っている小さな扉にもしっかり仕掛けがついており、読み応えも充分!大事に飾りたい一品です。

 洋書版でも「ドロシーの冒険物語」としてしっかり雰囲気が伝わってきて楽しめますよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

オズの魔法使い(洋書版)

オズの魔法使い(洋書版)

オズの魔法使い(洋書版)

オズの魔法使い(洋書版)

オズの魔法使い(洋書版)

ベストレビュー

しかけがこみ入っていておもしろい

英語だと7歳には読みにくいと思います。現状ではうちの娘には読めない量の文章が、こっそり入っています。ページ数の割には、そのページごとに何ページかたたまれた文章つきの絵が隠れているので。

ただ、、仕掛けはどれも素晴らしい。お城のページには緑のめがねがついており、オズの民になれます。

あと、たつまきも開くとくるくる回ってすごいと思うし、エメラルドシティの門のページでは風車のようにまわる仕掛けになっていて、どのページも面白いです。娘は字はまだ読みませんが、仕掛けを楽しんでいました。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

ロバート・サブダさんのその他の作品

クリスマスのおはなし / クリスマス・アルファベット(特装版) / リトル・マーメイド -人魚ひめの物語- / ハヌカーのあかり /  ドラゴンとモンスター / 美女と野獣

ライマン・フランク・ボームさんのその他の作品

完訳 オズの小さな物語 / 完訳 オズのグリンダ / 完訳 オズの魔法 / 完訳 オズのブリキのきこり / 完訳 オズの消えた姫 / 完訳 オズのリンキティンク



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

オズの魔法使い(洋書版)

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット