だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
はるのゆきだるま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるのゆきだるま

  • 絵本
作・絵: 石鍋芙佐子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「はるのゆきだるま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1983年
ISBN: 9784033303208

対象年齢:3・4歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

春にあこがれた雪だるまと、春のおみやげを持ち帰ると約束した山の動物たちとの、やさしい心のふれあいを描いたお話絵本。

ベストレビュー

先生、いいお話だね。

山の中の雪だるまは、ずっとひとりぼっちでした。
ある日、森の中の動物たちが、春を探しに降りていく様子を見たり、話を聞いたりして、雪だるまは、ステキな春の様子を思い描くのでした。春のおみやげを持ってくるという動物たちが戻ってくるのを楽しみに待っていました。

春が来たら、雪だるまはとけてしまうのに、どうしてそんな気持ちになれるのと疑問に思った、幼稚園の子どもたちでした。
案の定、とけてしまった雪だるまにがっかりし、そしてとても悲しい気持ちになってしまいました。ところが、びっくりするくらいの嬉しいことが起こったのです。
最後まで読んだ時、年長児の男の子が、
「先生、いいお話だね。」
と、目をウルウルさせながら言ってくれました。
心の中に白い美しい花を咲かせてくれたに違いありません。
(おしんさん 40代・ママ 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石鍋芙佐子さんのその他の作品

のぼさんのクリスマスツリー / いっしょにあーそーぼ!



ハッピーなおやすみのえほん!

はるのゆきだるま

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.52

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット