庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
じろり じろり どうしてけんかになるの?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じろり じろり どうしてけんかになるの?

作・絵: デビッド・マッキー
訳: はら しょう
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥980 +税

「じろり じろり どうしてけんかになるの?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

けんかしないためにはどうする?

「どうしてけんかになるの?」副題にありますが、ほんとに、どうしてけんかになるのでしょう?
平和に暮らしたい、幸せになりたいというのは、みんな共通の思いだと思うのに、なぜか、争いごとというのは、いつの時代も耐えることがない。

黒いぞうと白いぞうもそうでした。
どうしたわけか憎みあうようになって...とありますが、おそらくけんかの最初というのは、些細なことなのでしょう。
ただ、自分と違う相手を受け入れられない。自分と違うことが許せない。そういうところから、けんかは起こるのでしょう。
白いぞうと黒いぞうは、闘いあって殺し合います。
でも、中には、そんなけんかには参加したくないぞうもいて...白いぞうと黒いぞうの孫たちは、灰色のぞう。
そう、これで、仲良くやっていける。平和な世の中がやってくる。

のはずですが...それはそれで、また争いの種は他のところから出てくる。
どうしてけんかになるの?
どうやったら、けんかにならずにすむの?
簡単なことのようで、とても難しいテーマです。

でも、「けして相手を傷つけない。」そんな気持ちがどこかにあれば、必ず、どんな人ともわかりあえるはずだと、そう思うのだけれど...
読んでいる大人も、ちょっと考えさせらえる絵本ですね。
(たかくんママさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子6歳)

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

デビッド・マッキーさんのその他の作品

エルマー はやいのはだれ? / エルマーのはじめてのかずのほん / エルマーのはんたいことば / かたぬきフェルトしかけえほん ぞうのエルマー ジャングルのともだち / メルリック 〜まほうをなくした まほうつかい〜 / エルマーと100さいのたんじょうび

はら しょうさんのその他の作品

どれがぼくのおうちになるのかな? / いまはだめ / るすばんをしたオルリック / どろぼうとおんどりこぞう



風変りで美しい表現方法がたくさん!

じろり じろり どうしてけんかになるの?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット