貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
炭やきじいさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

炭やきじいさん

作: はせがわ じゅん
絵: うちやま たかし
出版社: 冨山房インターナショナル

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「炭やきじいさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年03月
ISBN: 9784902385366

小1〜

出版社からの紹介

春の風があまい香りをつれてきて、てんとうむしがやってきた。夏にはホタルが飛んで、セミがみんみん鳴いている。秋になったら木を切って、夕日をあびたカラスが鳴く。窯に木を入れたら冬が近くなった証拠…。タチツボスミレの咲く丘から届いた、「炭焼き」をめぐる里山の四季を描いたスローライフな絵本。神奈川県鎌倉市に実在する市民グループが、自然とともに生きる喜びを伝えてくれます。
付録に「炭窯のつくり方」「炭のできるまで」を収録。

炭やきじいさん

ベストレビュー

炭焼きの一年間

炭焼きという作業の工程が良くわかる本ではあるけれど、それだけではなく登場するおじいさんは、一年間を通して山の木々と共に生活していることに感動しました。
山と共にいなければ、いい炭はできないのかもしれません。
小冊子ではあるけれど、味わい深い本でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




【連載】「ポニー・ブックス」シリーズ 編集者・佐々木さんインタビュー

炭やきじいさん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット