だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
えんぴつたろうの三つのぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

えんぴつたろうの三つのぼうけん

作: 佐藤 さとる
絵: 岡本 順
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

「えんぴつたろうの三つのぼうけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

トランプのジョーカーの……まほうはふしぎ……
みじかくなったえんぴつに、顔だけじゃない、手と足までくっついてじゆうにうごけるようになりました。えんぴつたろう――いったいどんなぼうけん、するのかな……?

ベストレビュー

家の中を探検しているような気になれます

挿絵の少ない絵本ですが、うちの息子4歳は身近な道具“えんぴつ”のお話しということもあるのでしょうか、最近はお絵描きや、かなの練習も兼ねたお手紙を書くこともあり“えんぴつ”と触れ合うことも多いせいでしょうか、何度も、「読んでっ!」と持って来ました。

僕は僕で、ちょうど岡本順さんの絵にハマっていたこともあり、その縁で初めて佐藤さとるさんと出会うことができました。(僕は小さい頃佐藤さとるさんを読んだ・読んでもらって記憶が無いです…そんな人は珍しいですかっ!?)

佐藤さとるさんといえば、“ゆわかし”がおしゃべりしたり、家の中でモノたちが冒険するというのは定番のお話しのようですね。

読み進めて行くうちに、自分たちも小さくなって家の中を探索しているような錯覚というか、お話しに入り込んでしまったような気になれるファンタスティクなお話しです。

この“三つのぼうけん”をたまたま図書館で借りて息子も僕も気にり、絶対我が家のコレクションに加えたいと思ったんですが、どうも絶版になっているようですね。

三篇の“えんぴつたろうのぼうけん”を読めるのはこの本だけのようですものね、“復刻”“再販”を身を削る思いで待ちたいと思います。
(伴門陶汰さん 30代・パパ 男の子4歳)

出版社おすすめ


佐藤 さとるさんのその他の作品

コロボックルに出会うまで / わんぱく天国 / てのひら島はどこにある / えんぴつ太郎のぼうけん / オウリィと呼ばれたころ / 机の上の仙人―机上庵志庵

岡本 順さんのその他の作品

つきよの3びき / モーモー村のおくりもの / シャイローがきた夏 / 夏休みに、翡翠をさがした / トイプードル警察犬 カリンとフーガ / 狛犬の佐助



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

えんぴつたろうの三つのぼうけん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット