あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
行事絵本シリーズ最新巻!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おばけでんしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけでんしゃ

  • 絵本
文: 内田 麟太郎
絵: 西村 繁男
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばけでんしゃ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784494010585

幼児〜一般
B5横判・26.6×19.1cm・32頁
関連書籍
がたごとがたごと
むしむしでんしゃ

みどころ

奇妙な姿形の「おばけでんしゃ」、妖怪駅を出発します。駅や車内にはありとあらゆる妖怪やおばけがうようよ・・・。

『がたごとがたごと』に続く内田&西村の電車ワールド。『がたごとがとごと』でちらっと出てきた妖怪が、もうこれでもかこれでもかと、最初から目一杯出てきます。一つ目小僧、かさおばけ、ろくろ首などの有名どころから、顔が馬で体が人の妖怪(?)やぬらりひょんみたいな妖怪など思わず調べて確かめたくなるもの、何だか精霊みたいな可愛らしいものや、挙句にはどう見ても宇宙人でしょ!とつっこみたくなるものまで。全部含めて妖怪なのかしら?それらが、やっぱり好きずきに行動しているので、画面の隅々まで見るところがたくさんあって大変です。

とにかくこの徹底ぶりと間口の広さが二人の世界。それらを全部乗せてでんしゃは走って行きます。
景色は次々と変わり行き着く先はなんと・・・!?

おばけブームの子ども達、妖怪に興味津々の大人達、(ついでに)電車好きな人までとにかく楽しめる一冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

おばけでんしゃ

出版社からの紹介

おばけ電車はおばけを乗せて走ります。妖怪駅を出発!火の玉とびかう暗闇駅、雪女のいる寒々駅。今度はどんなおばけに出会えるでしょう。1場面目から画面に釘付け! わくわくどきどき、ページをめくる楽しさいっぱい!

ベストレビュー

いらっしゃいませ!

おばけでんしゃへようこそ!
おばけ、おばけのオンパレード。
おばけ好きな子よっといで・・・って感じです。
あっちにもこっちにもいろいろなおばけが登場します。
怖いおばけというよりも、面白いおばけばかり。
細かいところまで観察すると、「あっこの人が、この人で・・・」
ページを前後させて楽しめます。
前作の『がたごと がたごと』ですっかり親子ともども
ハマってしまいました。
読む絵本と言うより、見る絵本。
おばけでんしゃ、子供の心をわしづかみです。
(おっぱっちぃ〜さん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本
  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本

内田 麟太郎さんのその他の作品

紙芝居 しくしくブタはわらうかな / とびますよ / うまはかける / なくのかな / はるの ごほうび / さよならともだち

西村 繁男さんのその他の作品

あやしい妖怪はかせ / バスていよいしょ / ことばさがし絵本 あからん / おばけもこわがるおばけ / タコのたこきちくん / むらの英雄



>絵本エイド ―こころにひかりを―

おばけでんしゃ

みんなの声(77人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット