宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
へんしんとびばこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

へんしんとびばこ

作・絵: あきやま ただし
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784323033594

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

大好評!あきやまただしの『へんしんシリーズ』第6弾!
こえにだしてよんでみるといろんなものがへんしんしちゃうふしぎなことばあそび絵本!
読み聞かせにも最適!ページをめくる楽しさが満載です!

さあ、とびばこたいかいをはじめるよ。このふしぎなとびばこをとんで、いろんなものにへんしんしちゃおう!

ベストレビュー

読み聞かせの強〜い味方です☆

相変わらず、楽しい絵本です。へんしんシリーズのからくりは、よーくわかっているので、安心して笑えます。楽しめます。水戸黄門的な面白さも感じます♪
今回は「とびばこ」がテーマ。ただとびばこを越えたら、変身する、というだけでなく、だんだん高さが高くなっていき、その高さに見合う登場人物たちが変身するところが、とてもよく考えられているなぁ、と思いました。
このシリーズのこれまでの作品の中の登場人物を探すのも楽しみの一つです。
近頃はお話し会などで、とてもよく見かけるへんしんシリーズ。あきやま ただしさんは、子供達と、読み聞かせをする私達の強〜い味方です!
(すずらんぷさん 30代・ママ 女の子11歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

あきやま ただしさんのその他の作品

へんしんたんてい / へんしんテスト / たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット



大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

へんしんとびばこ

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット