なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

創意工夫に満ちて
なつみちゃん、かわいい! こんなに創…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ミルとふしぎなえのぐ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミルとふしぎなえのぐ

作・絵: うえあきのぶ
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,500 +税

「ミルとふしぎなえのぐ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

町から「色」がなくなった! ロボットのミルが繰り広げる冒険物語。
ロボットの“ミル”は絵をかくことが大好き。
絵の具をかいに村にもどってみると、村中の「色」がなくなって、まっしろだ。
命をふきこむ魔法の絵の具を見つけたミルは……。

ベストレビュー

パパたちの感動を…

なにげ〜に本屋さんへ寄って、なにげ〜に絵本なんかを物色していると表紙に私が好きな虹の絵が描いてあったので、パラパラと立ち読み?立ち見?していると、内容はぜんぜん違うのだが、とても懐かしい気分にさせられたページがあった。それは私たち世代の不朽の名作「ちびくろサンボ」を思い出したからだ。どんなシーンかをここでバラしちゃうと面白くないので、ぜひ同世代のお父さん、お母さんは手に取って確かめてほしいな〜。で、その感動を子供たちに伝えようではありませんか!そう、そうです、あのシーンです。
(よっちゃんの兄ちゃんさん 30代・パパ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

ミルとふしぎなえのぐ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット