雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
りんごあげるね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りんごあげるね

  • 絵本
作: さえぐさ ひろこ
絵: 石井 勉
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年12月
ISBN: 9784494010936

小学3・4年〜
A5判・96頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

学校から帰ってきたら、大切に飼っていたインコが冷たくなっていた。悲しみをこらえて河原へ行き、穴を掘ってお墓をつくり
インコを埋める。丘に登ってぼんやりしているとカラスが一羽、インコの墓のある方へ降りていく。「だめー!」
駆け降りた時には墓は掘り返されてからっぽ。カラスが死んだインコを食べてしまったのだ。翌日、再びお墓へいくと、
またカラスが来る。石を投げつけていると、偶然にも当たってしまう。動かないカラスの前でぼうぜんとするわたし…
本当に殺してしまったの?身近な命から生と死を深く考える物語。

ベストレビュー

後悔・懺悔する場面が印象的。

主人公のれいちゃんの揺れる心から目が離せませんでした。
悲しみのどん底から 怒りの頂点へ…
れいちゃんのちっちやな胸に収まりきらなくなり
爆発してしまった感情。
一瞬の自分の行動に
大きな後悔・懺悔の気持ちがあふれ出るあたりが
とっても読み応えがあります。
どんな理由があっても 
感情にまかせてとってしまった行動が
想像もしない結果をもたらすこともある…という事を
子供たちに感じさせてくれる絵本だと思いました。
また れいちゃんが
ピピッチとの想い出を語るページでは
動物と暮らす事がどれほど魅力的か  
よく伝わってきました。
でも 動物を飼ったら 
大抵は死を見届けることになる…
そんな覚悟を感じさせてくれるお話でもありました。
(西の魔女さん 30代・ママ 女の子13歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さえぐさ ひろこさんのその他の作品

あのね / ぼくのそりにのって! / トンチンさんはそばにいる / どうぶつうんどうかい / くまくんとうさぎくん くもようび / 紙芝居 サンポじいさんの いし

石井 勉さんのその他の作品

カブトムシのなつ / 後藤竜二童話集3 / みんなでよいしょ / おまじないのてがみ / ゆずゆずきいろ / 松谷みよ子 おはなし集2



好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

りんごあげるね

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット