宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
いたずらあまんじゃく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いたずらあまんじゃく


出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

ベストレビュー

いたずら者のあまんじゃくも 女の子に弱い

あまんじゃく いたずらが大好き 人が困っているのを喜ぶのがすきな 
あまんじゃく 

こんないたずらっぽい気持ちって なんだか 誰にも心に潜んでいるような気がしますが・・・・

子供だけでもなさそうな気がするには、私もあまのじゃくなのかな?

でも、あまんじゃくにも 弱みがあったんですね。

かわいい 女の子には 弱いんだね
 
それにしても 虹をみている 二人はかわいい!
良いかっこうしたかったんですね!(分かるよ!)

空の虹がなくなり 上からまっしぐらに落ちていく あまんじゃく

あ〜っ! しりもちついて 女の子に笑われた ああ〜ぁ(痛そう!)   

誰にでも 弱みがあるんだね! 
ここのところが 人間らしくて おかしいんです 
昔話はなかなか いいもんだ。
おおた だいはちさんの絵 いいですね〜

子供たちにも分かると思います、昔話の楽しさ味わってみて下さいね!
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ




クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

いたずらあまんじゃく

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット