ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぎんのなみおどる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぎんのなみおどる

作: 今関 信子
絵: 飯野 和好
出版社: 朔北社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784860850005

出版社からの紹介

ようへいの通っている沖島小学校では文化まつりのだしものの、『たいりょうだいこ』をれんしゅうをしていた。 まつりや、うんどうかいなど島のだいじなもよおしには『たいりょうだいこ』がでばんとなる。………

同じ日本の中でもいろいろな暮らしがあります。この絵本は、琵琶湖に浮かぶ有人島、沖島での暮らしを描いています。淡水湖上の集落は、日本では唯一、世界でも稀で、特徴ある風土に育つ子どもたちは島の学校ならではの教育をうけています。
 
毎年、市内の演奏会や島の夏祭りで披露する「沖島太鼓」、琵琶湖の変化に直結している生活など、綿密な取材を元に、今関信子さんの的確な文章と飯野和好さんの大胆かつ鮮やかな絵で、島の暮らしを、子どもの目を通して描きました。
くらしの絵本第2巻。

ベストレビュー

逞しい小学生の姿

これは、ノンフィクションでは・・・と
思いながら読み進めました

力強い絵で
インパクトのある場面は
迫力があります

山の子、海の子の交流

太鼓の演奏もいいですよね

小学校だけでなく
祖父、父の仕事を尊敬している姿も
素敵です

やっぱり!
実際の小学校の取材がベースのようです
とても大切なことが
伝えられていると思います
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今関 信子さんのその他の作品

弥生人の心にタッチ!開いたタイムカプセル「下之郷遺跡」 / 津波をこえたひまわりさん / 永遠に捨てない服が着たい / 琵琶湖のカルテ / 命をつなぐ250キロメートル ―抱きしめてBIWAKO / こちら「110番動物園」

飯野 和好さんのその他の作品

ねぎぼうずのあさたろう その10 ゆきはこんこんわたりどり / 日小見不思議草紙 / おせんとおこま / ざしきわらしのおとちゃん / どろだんごと たごとのつきまつり / かめ



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

ぎんのなみおどる

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット