十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
小学館の図鑑NEO 大むかしの生物
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小学館の図鑑NEO 大むかしの生物


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥2,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

絶滅生物を新しい考え方の復元画で紹介。

● 生命の歴史は約40億年も前に始まったと考えられています。たった一つの細胞から始まった生命は、長い時間を経ながら、さまざまに進化してきました。そして、地球はたくさんの生命で満たされた「生命の星」となっています。けれども、その「生命の歴史」の中には、子孫を残すことなく消えていった生物たちもたくさんありました。本書では、化石を通してしか知ることのできない太古の生物たちを、最新の研究に基づいて描かれたイラストを中心にして、紹介しています。絶滅してしまった生物たちを知ることで、「私たちはどこから来てどこへ行こうとしているのか?」という疑問を解くためのヒントが得られるかもしれません。

ベストレビュー

生き物の進化が絵で分かります

とても繊細な絵と分かりやすい説明です。すべての漢字にふり仮名がふられています。地球が出来たばかりのころから生物がどう進化していったのかが分かるようになっています。5歳の息子が興味津々で、最初マグマに覆われていた地球が冷えて海ができ、生物が生まれたということもちゃんと理解できました。「最初は海の中の生き物は葉っぱみたいなのばかりだったけど、だんだん魚も出てきた。陸にも上がれるようになって、鳥やマンモスも生まれたんだ」と話していました。とても興味深いようです。内容も充実しており、かなり読み応えがあります。
(ももいろはーとさん 20代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆



『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

小学館の図鑑NEO 大むかしの生物

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット