もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
地球生活記
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

地球生活記

  • 絵本
文・写真: 小松 義夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥5,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784834016208

自分で読むなら・ 小学中学年から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

アフリカの奥地から南米の高地、辺境から都会まで世界ぐるりと、家のある風景とともに、各地に生きる人々の様々な暮しや営みを、1700枚をこす写真でていねいに紹介しています。

ベストレビュー

あんな家、こんな家

地球上のいろいろな地域の家を写真で紹介しています。とてもボリュームがある本ですが、楽しい写真がつぎつぎに出てきて見飽きることがありません。子供と、地球儀で場所を確かめながら見ていきました。

子供は、エジプトの「ごちそうつきの家」を、おもしろいと言っていました。家の壁いっぱいにハトの巣箱が付いていて、巣箱に入ってきたハトを食料にするのだそうです。すごいなとびっくりしました。コートジボアールの「のっぽの穀物庫」という、絵本の中のような建物も気に入っていました。私は、オーストリアの「チロルの木造住宅」がすてきだなと思いました。

人工的で直線的なビルや住宅に見慣れているので、地球上のいろいろな家がとても新鮮でした。「地球生活記」というタイトルそのものだなと思いました。
(どくだみ茶さん 30代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小松 義夫さんのその他の作品

人と出会う場所 世界の市場 / 世界のともだち(30)セネガル 貝がら島のマドレーヌ / 土の家 / 世界あちこちゆかいな家めぐり / 地球人記



鉄道キッズ集まれ!JR私鉄全路線地図は地理や漢字の勉強にも

地球生活記

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット