あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
いぬとねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いぬとねこ

  • 絵本
再話: ソ・ジョンオ
絵: シン・ミンジェ
訳: おおたけ きよみ
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「いぬとねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年07月
ISBN: 9784895726665

小学校低学年から

出版社からの紹介

まほうの玉を取り返すため、いざ、よくばりばあさんの家へ! ヤオンと鳴いてねこがネズミにとびつけば、モンモン吠えていぬがねこに八つ当たり。お手柄者は、どっち? いぬは外、ねこは中で飼うことの楽しい由来譚。韓国の昔ばなし。

ベストレビュー

楽しい昔話です。

韓国の昔話です。
いいおばあさんと隣のよくばりばあさんが出て来て・・・

どこかで聞いたことがあるような、パロディなのかなと思うような出だしです。

結末は、どうして、ねこが家の中で飼われて、
いぬが外で飼われるようになったか、というお話です。

登場人物、動物の表情がとても面白いです。
読めば読むほど、楽しくなってきます。
(じょんのびじょんのびさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おおたけ きよみさんのその他の作品

とうきび / ハンヒの市場めぐり / とんぼ / 日・中・韓平和絵本 非武装地帯に春がくると / 景福宮 朝鮮王朝の王宮 / 韓国のお正月



老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

いぬとねこ

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット