なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ちいさいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさいちゃん

作・絵: J.ミザーヴ
訳: さくま ゆみこ
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちいさいちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年03月
ISBN: 9784072543733

27×23cm判・32ページ

おはなし

ちいさいちゃんは なにをやっても 
おおきいちゃんに かないません
わたしは なんて だめな子なんだろう・・・
じぶんがとっても ちっぽけに かんじられた
ちいさいちゃんは ある日ーー

ベストレビュー

もうお姉ちゃんの存在に怯えない

妹から見た姉の存在、自分・・・2人の心の変化や距離
を、豊かなな色彩と美しい構図で描いてある絵本です。

最初、不安そうな「ちいさいちゃん」と、悪魔のように大きな影だけで
描かれた「おおきいちゃん」でお話がすすんでいきます。
この「おおきいちゃん」の描き方が面白い!
終わりの方になるまで、
顔も姿も出てこない、まるで影のモンスターなんです。

ちいさいちゃんが怯える、「おおきいちゃん」って何なんだろう?
壁にうつる大きな影は、具体的なことは文章で書かれていなくても、
ちいさいちゃんにどんなことをしているのかをよく物語っています。
ちいさいちゃん、おおきいちゃんの気持ちも、全て絵から伝わってきます。

また、自然が細部まで描かれていて、庭や野の花々、リスもとても可愛らしい。
薄緑の芝生、木立の中に舞う真っ赤なオウムの色も美しく印象的です。

小さな自分でも何かできるんだって思ったとき
・・・おおきいちゃんの影は急に小さく思えるようになります。

素敵な可愛い絵に癒される絵本です。
自分がちっぽけな存在に思える時、ぜひ。
(ゆらゆらの空さん 30代・ママ 女の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?

さくま ゆみこさんのその他の作品

風がはこんだ物語 / この計画はひみつです / チトくんと にぎやかないちば / わたしの おひっこし / あさがくるまえに / 空の王さま



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

ちいさいちゃん

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット